シルバー世代の発電年金15年プラン

☑発電年金15年プランの説明(年金支給開始65歳想定)

●15年間売電額・・・・3,234万円(発電年金の収入)
●15年間返済額・・・・1,734万円(発電年金で返済)
●15年間剰余金・・・・1,500万円(毎年100万円前後)
●85歳迄売電累計・・・1,078万円(80歳から85歳)
※65歳以降は受給年金も加算され定年後の生活を支えます。
20年目(85歳)以降も発電年金で安心・安定収入が見込めます。

65
初期投資費用 1,500万円 15年返済(年利2%)
■年間売電・・・約215.6万円
全額ローンでお支払の場合(80歳で完済)
1>毎月返済額・9.6万円/剰余金 8.4万円
2>年間返済額・ 115.8万円/剰余金100万円 
80
国の年金プラス発電年金で生活を支える。
ローンを完済し、返済出費が無くなります。
■年間売電・・・約215.6万円
80歳以降も発電年金で安心・安定収入が見込めます。
85
20年目以降も、まだまだ続く発電年金!
医療費の負担が大変な年代となります。
85歳以降も発電年金で安心・安定収入が見込めます。

産業用低圧 過積載発電 野立て(例)

65歳からの投資 発電年金シミュレーション

20年間の売電収入合計4,312万円

老後の資金を太陽光発電で安定サポート!! (金額は全て税抜)
●65歳で74.88kWシステムを1,500万円で導入した場合
現行固定買取価格 × 設置システム × 年間予想発電量
24円/kWh × 74.88kW × 1,200kWh/kWP
▶年間売電収入計 215.6万円(諸条件により異なります。)
※予想発電量を元に算出した数値です。記載の発電量を保証するものではありません。
今すぐお問い合せ!
65歳から80歳までの余剰金 100万円
80歳以降も発電年金で安心・安定収入
85歳以降も発電年金で安心・安定収入

☑なぜ今、太陽光発電なのかという理由

<1>国の固定買取制度による20年間保証された安定収入
不動産投資では空き室リスクがあります。人口減少が予想される中、今後、空き室が増える傾向にあります。
<2>維持コストの安さ
不動産投資では内装の修復など、修繕費用が必須です。
その点、弊社施工の発電設備には長期安心保証が付いてメンテナンスも比較的簡単です。
<3>低金利
アベノミクスの影響で、現在、低金利の状態が続いています。金利の低い今こそ投資のタイミングです。
<4>こんな方にお勧めです。
年金世代の方には相続・年金対策として節税や生活向上!
働き世代の方には定年後対策として生活を支える!
若い世代の方には自宅購入対策として未来に備える!

☑長期発電をサポートする保証(補償)体制

●太陽光モジュール 25年出力保証
●製品保証     10年~15年保証
●損害補償制度>10年~15年補償
●日照補償制度>1年補償(製造元により異なります。)
●遠隔発電監視>10年エコめがね(NTTスマイルエナジー)
※発電年金 成功の秘訣はズバリ>>低い導入コストと長期保証

買取価格24円(税別)時代の発電年金という新発想を将来の為に聞いてみませんか?

▶土地のない方には用地をご紹介致します。